« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年9月の記事

2011.09.12

怒りのろっきー

ろくろきつねのろっきーさんから、本ブログ9月11日付けの『仕事してよ~』に、怒りのご意見をいただきました。

    

Kitsune

    では、始まり始まり~

   

最初の発言は、文脈をみりゃあ大臣辞任せなあかんような問題やないやろ。

問題があるとしたらその後の「放射能つけたった」発言やわなぁ。これはレッドカードでもしゃぁないねぇ。

しかし、もっと問題なのはその辞任会見で、ゴロツキ並みの発言をしてるどこぞの記者やろ。こいつは自分の名前も社名も名乗っとらん。俗に言う“マスゴミ”ちゅう輩や。

テレビで放送されるのを分かったうえでの発言やから、タチ悪いねぇ。

自分の会社の品位・信用・イメージを著しく傷つけたわけやから、普通の会社やったら当然懲戒処分やけど、まさかこれも演出か...もしかして、報道もバラエティ感覚か!?

まあ、今のメディアに自浄能力はないやろなぁ。まともであるはずのニュース番組ですら、毎日のように「間違えました。すんまへん」って、アナウンサーが頭下げとるし・・・。

最近、いちばん呆れたのは福島原発の報道で、放射線汚染をさんざん煽って、世間がそれに乗って騒ぎ出したら、いきなり「風評被害で現地のみなさんは困ってます~」やて。まさかテレビが世論を作ってるなんて思ってへんやろな。思てるか・・・思てるんやろなぁ。

ところで話は変わるけど、テレビでレポートやってるアナウンサーもタレントも、インタビューしてる時の返事は「はい」って言わなあかんやろが。学校で教えてもらえへんかったか・・・学校も問題やけどな。それで最後は「ありがとうございました」って頭下げるんやで。子供でもちゃんと頭下げるてるやろ。

最近のテレビ屋は「すごぉい!」と「うまぁぁ!」のふたつの言葉で事足りるみたいやけど、ものすごぉい見苦しいでぇ。

それにもうひとつ、以前から気になってることがある。タレント、特にお笑い芸人とか言う連中やけど、何でもかんでもすぐに土下座をするな! 芸がないからプライド売ってんのか!? 自分のことを芸人や言うんやったら、媚びを売るようなマネせんと芸を売らんかい。

    

以上、怒りのろっきーさんでした。

       

     

【月刊風水】 top page

|

2011.09.11

仕事してよ~

鉢呂経済産業大臣が辞任しました。
★~ 早いですね

辞任理由をニュースで見ました。
★~ あ然です

同じことを小学生が言ったら先生に叱られます。
★~ 「そんなことを言ってはいけません!」ってね

中・高校生なら初めから言いません。
★~ あったりまえじゃん

その程度の倫理感で判断できることです。
★~ 常識だね

腹は立ちません。情けないだけです。
★~ 子供のレベルだもんね

彼のHPは国会議員というよりも道議会議員のようです。
★~ 『ピーターの法則』にバッチリ適合

彼の選挙区は北海道4区(小樽・後志・手稲)です。
★~ 政治家のレベルは有権者のレベルというけど、これは例外にした方がよさそうだ

  

でもねぇ..こんなんで鬼の首を取ったように喜んでいる野党も同じレベルだし・・・いい加減に仕事しろよ

選挙区は違うけど、前回は民主党に投票した。
次はどうしよう ・・・ 「大政奉還」とでも書いて投票するか

  

【月刊風水】 top page

|

2011.09.05

迷信 ・ 俗信  東に西に ~

平さん
「所長、こないだの地震で落ちた神棚を買いに行くんだけど、付き合ってもらえます?」
所 長
「いいですよ。これからでもいいけど」
平さん
「いや、今日は赤口だから明日の午前中にお願いします」
所 長
「“しゃっく”? 今どき六曜もないでしょう」
平さん
「普段はそうだけど、神様とかになるとやっぱりね ・・・ 明日は先勝だから午前中がいいと思って」
所 長
「六曜ってどうやって決めるか知ってる?」
平さん
「順番に並んでると思うんだけど、ひと月の中でいきなり順番が変わったりして、法則がよく分からないですね」
所 長
「あれは旧暦が基本なので、今の新暦のカレンダーで見ると何か特別な法則がありそうだよね」
平さん
「ありそうだよね」
所 長
「基本は六曜の並び方で、順番は、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口となっている。旧暦各月の一日目は何を充てるかが決まっていて、あとは順番通りに並べていくという、それだけのものである」
平さん
「エラそうに。あんたはケペル先生か」
所 長
「そんな古いテレビ番組は知らん! 十二ヵ月各月のスタートは、一月と七月は先勝から、二月と八月は友引から、三月と九月は先負、四月と十月は仏滅、五月と十一月は大安、六月と十二月は赤口からそれぞれ始まるのである」
平さん
「なるほど。旧暦だから月の途中でいきなり変化するように感じるんだ。でも、ケペル先生知ってるのね」
所 長
「やかましい! 六曜は結構古くからあって、もともとは中国で生まれて日本に伝わったものなんだ。でも、現在の六曜はかなり日本式にアレンジされているところもあるのよ」 
平さん
「ふ~ん、日本のオリジナルじゃあないんだ。昔の中国は偉かったんだねぇ」
所 長
「そのとおり。中国ではなく中華帝国だね。本当に昔の中華帝国は偉大だったと思うよ ・・・ 昔は」
平さん
「今でも冠婚葬祭や不動産取引なんかは、大安や仏滅を気にしてるんだから、もっと詳しく説明したら」
所 長
「長くなるから、メルマガに書いてみるかねぇ」
平さん
「そうですね。とりあえずは明日の午前中に神棚ね」
所 長
「 ・・・ 」

   

                 

【月刊風水】 top page

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »