« 負けるな!ニッポン!! | トップページ | 国民の総意とか理解とか・・勝手に決めないでいただきたい »

2010.01.01

元旦から仕事にかかるぞ!

【月刊風水】 top page  

        
大晦日にTVを見ていて、無性に腹が立ってきた。

子供店長もプロゴルファーのりょうクンもいいけど、いい歳したレポーターが、「彼女のタイプは?」とか「食事のお味はどうですか?」・・小学校低学年に何聞いてるんだ・・かと思えば、りょうクンのコメントに、あきらかに彼の父親より年上のレポーターが「感動した!」・・??君の人生は何なんだ。十代の子供の言葉に感動させられるような人生だったのか?それとも、メディアは本当にバカばっかりになってしまったのか。
  

いつの間にか日本は、長いものには巻かれろ、世間には逆らうなの風潮になってしまい、思っていても口には出さないのが当然のようになってしまった。そういう流れを作ったのはTVと新聞だ。しかし、それを認めたのは国民であり、それを利用したのが政治家と行政で、その結果が今の日本の社会だ。

もう、みんな我慢するのはやめて、言うべきことは言おうじゃないか。幕末から明治 大正、そして昭和初期にかけての日本人は正々堂々としていた・・・見てきた訳ではないが、そう信じるに値する資料は山ほど残っている。

日本国憲法の第二十五条には、『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』とあり、その2項に『国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない』とある。

しかし、現実は今でも餓死する人がいて、一日の食事は学校の給食だけという子供達がいる。12年間続けて自殺者が三万人もいて、その過半数が中高年だという現実。実に毎日80人以上の人が自ら命を絶っている。経済的理由で高校を中退する子供達は、親が悪いのか?

江戸時代に四回の大飢饉があった。寛永の大飢饉・享保の大飢饉・天明の大飢饉・天保の大飢饉だ。それぞれにおびただしい数の餓死者を出している。しかし、朝廷や幕府に餓死した者はいない。現代の日本国憲法第十五条には「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」となっている。しかし、今日、飢えている公務員はいないし、給料が半分になったり、リストラされた公務員もいない。
  

金融システムの崩壊は国家の危機で、大企業の倒産は大量の失業者を生むなんてセリフを、政治家が盛んに吹聴しメディアが一斉に喧伝した。まさにサブリミナル効果で国民は「そうかな??」なんて状態にされ、ふと我に返ったら今のような日本なっていた。

大企業は離合集散を繰り返し、弱者は瞬時に切り捨てられる。百年に一度の経済危機を吹聴しながら、自分の給料を返納した政治家は国にも地方にもいない・・どころか、公務と称して未だにファーストクラスの海外旅行をしている。他人の褌で相撲を取る銀行が、行員には高額給与を払いながら、一番守らなくてはならない中小零細企業を、薄ら笑いを浮かべながら破滅に追い込んでいく。日本航空を本当に救済する必要があるのか、今ではそれすらも疑問だ。

現在直ちに救済すべきは、日本の技術力を支えてきた中小零細企業であり、困窮する国民であることを政治家は分かっていない・・と、これを書いている最中、TVのニュースが、今日(元日)、総理大臣が派遣村を訪問したというニュースを流している。総理が収容者になんとも間の抜けたことを言っていた。それに続くニュースが、民主党小沢一郎幹事長の新年会だ。閣僚と民主党議員が勢揃いしたそうだ。こいつら本当に分かっていない。民主党に票を入れた一人としては、初めての与党というハンデをつけても、残念ながら失望と言わざるを得ない。

百年に一度の経済危機なんでしょ?
政治家も公務員も正月どころじゃないんじゃないの??

  
無性に腹が立った一年が終わり、新しい年がスタートした。自然界のサイクルは回復を示している。確かに権力者と悪党の手もとには潤沢な金があるから、マクロでは回復基調ともいえる。しかし、権力者よ国民をなめるな!現代にも憂国の志士はいるぞ。

警察の圧力か権力に媚びる新聞・TVの性なのか、報道されることはないが、未だに信念に従って割腹自殺をする右翼もいる。思想・方法はともあれ、立派と言わざるを得ない。

自分一人で市民革命を起こせるほどの金も力も根性もない人間には、せめて言うべきことははっきり言える人間になろう。僕たちは明日も米を買うために闘わなくてはいけないのだから。

  
負けるな!中小零細企業。
あなたたちが儲からなくては、ワーキングプアーはなくならない。

みんな忘れるなよ!
僕たちは先進国日本の国民であり主権者だってことを。

    
  
  
★ 風水診断/日本観気研  ☆ 運勢判断/日本観気研
  

    

【月刊風水】 top page
  

|

« 負けるな!ニッポン!! | トップページ | 国民の総意とか理解とか・・勝手に決めないでいただきたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51765/47179033

この記事へのトラックバック一覧です: 元旦から仕事にかかるぞ!:

« 負けるな!ニッポン!! | トップページ | 国民の総意とか理解とか・・勝手に決めないでいただきたい »